【ieny】
ひろしまの家ロゴ

不動産購入の心得4 現地見学で気をつけたいマナーのこと

ひろしまの家編集部
2017.12.05
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現地見学はマナーを守って行いましょう

 

チラシやインターネットで物件情報を収集したら、次にすることは「実際に現地に行ってみる」ことです。

ただし、現地見学といっても、他人の土地を見に行くことですので、

次に挙げるいくつかの注意点を守りながら見学しましょう。

 

 

×これはダメ 気を付けておきたいマナー違反

 

□売主と直接話す

□物件資料を持って周辺をうろうろする

□許可なくメジャーで土地を測る

□近所で派手な聞き込みをする

 

土地探しのマナー違反

 

一生住むかもしれない土地・物件だから、あれこれ調べたい気持ちはわかりますが、近所や売主に

迷惑がかかるような行為は控えたいものです。建物の状況についても自分で調べることはNG。特に、

基礎や柱、構造部分の瑕疵(不具合)などは、素人が調査するとかえって危険。知りたいことは不動産

業者に聞くのがおすすめだ。また、見学した時のマナーによって商談を断られたり、逆に交渉が成立

することもあるので、現地での行動は慎重に。

 

 

 

 

〇こうしましょう 現地を見に行くときのポイント

 

正解

 

何のために不動産を購入するのか、またその目的をかなえている物件なのかどうか、普段の生活を目的

とした視点でじっくりと見ることが大切。

 

□買い物・医療・学校への交通の便

□日照・騒音・臭気

□近隣世帯の年齢層

 

見学する時間をずらして見に行くと、周辺環境の交通量、昼間と夜間の違いを知ることができます。

 

今後長く住む環境を選ぶ大切な選択が、不動産探しです。

住んだ後も心地よく暮らせるように、マナーを守って見学しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


関連記事

施工事例

家づくりの教科書

  • お金について
  • 土地探しについて
  • 間取りプランについて
  • 会社探しについて

カテゴリー

タグ

インスタグラム
イベント施工事例を更新
TOPへ戻る

ひろしまの家ロゴ

home  |   施工事例を見る  |   住宅イベントへ行く  |   モデルハウスへ行く  |   住宅会社を探す  |   家つくり教科書  |   分譲地を探す  |   資料請求、全力応援会員登録  |
  住もうよカウンターで相談する  |   家づくり講座  |   ひろしまの家ニュース  |   サイトマップ  |   利用規約  |   プライバシーポリシー  |   お問い合わせ  |
  運営会社  |   ご掲載を希望される方へ  |   登録会社一覧
©ひろしまの家