【ひろしまの家】 家づくりの教科書 スケジュール編
ひろしまの家ロゴ
次はいよいよ楽しい時間。ここでちょっとワークショップをしてみましょう。
あなたは、どんな家でどんな暮らしがしたいですか?さぁ、理想の家を想像してみましょう。
家づくりは決断の連続です。

家づくりで最も楽しい時間がやってきました!まずは予算や条件にとらわれず、思いつくだけ意見を出し合いましょう。でも、いざ始めると意外と浮かばないもの。しかし、他人任せはNG!家づくりでは暮らし方のイメージがとても大切なので、「プロに相談したら大丈夫」ではなく、土地、パートナー、間取り…と、どんな家でどんな暮らしをしたいのか家族で決断を。最初はぼんやりしていてもOK。家族一人ひとりの好みやこだわりを話し合ううちに具体化されていきます。ここでヒントになるのが、日頃感じていること。水場が離れていて家事の効率が悪い、収納が狭いといった不満から、駐車スペースが広いなどの気に入っている点もあるでしょう。そして、子どもの進学・就職、転勤、親との同居、老後など、家族は少しずつ変化していくので、将来についてもイメージしておく必要があります。その時の暮らしを想定しながら項目別に整理すると、家づくりに求めるものが見えてきます。進行途中で判断に迷うことが出てきたらこの原点に立ち返り、イメージを確認。この行程がしっかりできていれば、判断に迷うこともありません。

POINT1
家族みんなで話し合おう
妄想OK!外観は?雰囲気は?
家は家族みんなが暮らす場所。
だから、みんなで意見を出し合おう。
POINT2
具体的に書き出そう
例えば、「おしゃれな内観」より
「白を基調にした洋風のリビング」
のように想像できるような書き方で。
POINT3
今の暮らしと比較しよう
今の家の長所・短所が大きなヒントに。
好きな点は残し、問題点や不満は どうしたいか話し合おう。